Emacsの設定を分割して管理する方法

Emacsの設定に慣れ始めた、Emacs初心者の方は、その設定ファイルである.emacsinit.elなどにいろいろな設定を書き込んで、気づけばその行数が500行近く…なんてことも少なくない。そんな時、

設定ファイルを分割したい!!!

って思うはずw

今日はその方法を紹介。

設定ファイルを一つ一つ指定して読み込ませる

まず簡易な方法としては、~/.emacs.d/confというディレクトリを作ってinit.el

と記述するだけで設定ファイルが分割できる。

だがしかし!!!

いちいちこれinit.elに書くのめんどくさい…←少なくとも俺はそう思ったw

分割したい設定ファイルの数だけ書かなアカンのかい!!!とw

ディレクトリの中身全部自動で読み込んでくれよ!!!とw

って思った人は次のinit-loader.elを使いましょう!

指定したディレクトリ内の設定ファイルを一括して読み込ませる

まずMELPAなどでinit-loaderをインストールする。

Gitからだと

インストールが終わると次にinit.el

の2行を書き込んで、init-loaderの呼び出しと、読み込むelファイルのディレクトリを指定する。

あとはconfディレクトリ以下にelファイルを置くだけ!

ただし、ここで注意して欲しいのが、Emacsは読み込むelファイルの順番によってはエラーを吐くので、ここに置くelファイルのファイル名は

〇〇(2桁の数字)-〇〇(好きな名前).el

のようにファイル名の頭に2桁の数字を入れなければならない!ってこと。

このルールさえ守れば設定ファイルは分割し放題。

僕の環境だとまだ整理しきれてないけど、こんな感じです。

以上、これで長ったらしいinit.elともお別れよ!

雑感

Emacsってほんといいですねw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。