Swiftにおけるnil結合演算子「??」の使い方

はい、Swiftの演算子??を見て、「これなんぞ!!??」ってなったので調べてみた。どうやらnil結合演算子(Nil Coalescing Operator)というものらしく、x ?? yの場合、「xがnilでないならx=x!となり、nilならx=yとなる」という演算子らしい。実際に使ってみると

のような感じで記述することができる。if letのnilチェックを使った

と同義か。Swiftやとif letのnilチェックあるし別にいらんくね?と思うかもしれんけど、配列なんかにnilチェックかけた後、各要素でループ回す時なんかは個人的にめんどくさかった!そんな時にnil結合演算子使えば、

という冗長なプログラムが

こんな感じでスッキリ書ける!これから使ってこー

参考

ある程度コーディング出来る人向けかな…ただSwiftの言語仕様を勉強したい場合、これ一択と言っても過言ではない!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。