Rbenvを使ってRubyのバージョンコントロール

Homebrewをアップデート

ruby-build(rbenv)をアップデート

インストール可能なrubyのバージョンを表示

指定したバージョン(本稿では2.2.5)のRubyをインストール

Rubyのバージョンを設定

プロジェクトによってバージョンを変更したい場合はglobalでなくlocalを指定することによって、プロジェクト別で異なるバージョンのRubyを使い分けることができる。

設定結果を確認

* が現在のRubyのバージョンを示す。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。