YouTube限定公開動画投稿マニュアル

YouTubeに限定公開動画の投稿から、その限定公開用URLのコピーまでの方法です。
ここでは
1. iOSから動画をアップロード
2. Webブラウザから動画をアップロード
の2つの方法を紹介します。

iOSから動画をアップロード

YouTubeアプリを開きます。

画面右上の動画アイコンボタンをタップします。

動画を新たに撮影したい場合は「a」の動画アイコン、すでに撮影された動画を使いたい場合は、画面下「b」のように、動画をタップします。

先ほど「a」の動画アイコンをタップした場合は、録画アイコンボタンをタップして録画を始めます。

録画した動画は画面下部の各種ボタンから動画を編集することもできます。

プライバシー設定で、「限定公開」に設定し、右上の「アップロード」をタップして動画をアップロードします。

右上の「:」をタップします。

すると画面下部に「共有」ボタンが表示されるので、それをタップします。

次に表示された「リンクをコピー」をタップします。

「成功」がポップアップで表示されたら完了です。これで操作したiOSデバイスのクリップボードに限定公開動画のURLがコピーされた状態になります。

Webブラウザから動画をアップロード

YouTubeのページにおいて、 動画をアップロードするアカウントでログインすると、ページ右上に「アップロード」 ボタンが現れますので、そちらをクリックします。

「公開」をタップし、「限定 公開」を選択してください。 「公開」に設定してしまうと、一般の方からも、Google検索やYouTubeを通じて閲覧可能となってしまいますので、注意してください。

先ほどの処理を行うと、限定公開用URLが表示されますが、後から取得可能ですので、必ずしもこちらで限定公開用URLを控える必要はありません。

画面右上の「完了」をクリックしてしばらくお待ちください。

これまでの手順でアップロードした動画をクリックします。

動画下に「共有」ボタンが表示されるので、それをクリックします。

すると限定公開用URLが表示されるのでそれをコピーして、完了です。